印刷 | 通常画面に戻る |

ハイパー世界史用語集 利用ガイド

この用語集はページ作成者が高校での世界史の授業の下調べの際に収集した用語カードを公開するものです。授業のつどに世界史関連書籍から学んで書き抜いた手作りカードが何年もの間に増え、検索が面倒になったので、ある時期からパソコンに打ち込み、備忘のためにデータ化してきました。そのデータをハイパーテキスト風のHTML文書にして授業に役立てようとして作ったのがこの用語集です。何トカペディアを一人で作っているといった感じです。世界史学習のヒントとなる用語解説を心がけましたので、先生の授業の下調べ、生徒の皆さんの理解の参考になれば幸いです。

ア.はじめに

『世界史用語集』を使った勉強とは

世界史の用語は、高校生にとっては耳慣れない、未知のものがほとんどです。また教科書の説明はどれも表面的で、出来事にしろ人物にしろ、いきいきと伝わってくるものがありません。また、経済や法律に関する用語もその概念を理解するのがむずかしく、理解を遅らせたり意外な誤解を招くことが多々あります。そこで山川出版社をはじめとする『世界史用語集』が高校生(そして教師にも)広く使われているわけです。特に山川の『世界史用語集』は高校生にとっては手っ取り早く、重要度も教科書記載数から判断できて便利だということで、今や教科書以上に受験の必須アイテム化しています。また「用語集に出ていく語句から出題される」という話はよく聞くことで、山川用語集が「デファクトスタンダード」つまり事実上の基準になっています。“某難関校は用語集を暗記すれば合格する”といった類の話はよく聞きますが、その弊害としてむやみに丸暗記するだけの勉強になってはいないでしょうか。

『世界史用語集』学習の弊害

それは英単語を辞書のアルファベット順に暗記するのと同じで、あまり効果的な勉強法とは言えません。英語で言えば文法や語法にあたる、世界史のいわゆる「流れ」というやつ、つまりは世界史の法則性の理解がなければ、個々の用語知識も生きてきません。世界史の法則性というと唯物史観の旗色が悪くなっているので最近はあまり見かけない言葉になってしまいましたが、歴史にも法則的な、あるいは定型的な変化があるという前提に立たなければ、現在において過去の歴史をふり返り、未来に資していこうという歴史を知る意味が希薄になってしまいます。受験勉強と雖も、歴史の勉強はそのような歴史の本質を考えるものでなければ、無味乾燥な、面白くも何ともない用語暗記に終わってしまうでしょう。

『世界史用語集』に依存しない授業を

また『世界史用語集』は便利ではありますが、時代や地域を越えた概念やテーマを理解するには意外と不便だと言われています。また細部においては重要な用語や人物、出来事が(教科書にないという理由で)抜けていることもよくあります。さらに必ずしも新しく定説化した学説や見直されている事実などが反映しているとは言えません。そこで、特に世界史を教える立場からはこの『世界史用語集』依存から脱却する教材研究が必要となります。とは言っても高校教師としての現役での経験上、雑多な校務をこなしながら十分な教材研究は非常に困難でした。そこで結局“教科書をなぞるような授業”に陥りやすかったのです。もし、このページがそのような教材研究の一助となれば願うところです。

この『ハイパー世界史用語集』の特色

というわけで、先生方の教材研究と、生徒の皆さんの学習の参考となるような、市販のものとはちょっと違う用語集を作ろうと考えました。それは、時代や地域を越えたテーマや概念をなるべく詳しく取り上げること、教科書にとらわれず、世界史理解に有用で興味をもつことができる用語も取り上げる、かといってもあくまで高校での世界史授業を対象としているので学術的すぎるのではない内容とすることを心がけ、単なる用語解説ではなく、授業の際に使えるエピソードや、実際の大学入試問題での出題例などを加えてあります。

おことわりしなければならないこと

したがって、内容は専門的なものではなく、また記述にも不正確な点、誤りが多々あり、かつ記述に精粗の差がかなりあります。その点をご了解の上でご利用下さい。そして作成者の力量の限界から、まだ現代史までの完成したものにはなっていません。公開も部分的に拡大していく途上であることをお許し下さい。

イ.ご利用にあたって

取り上げた用語は

高校世界史の各種教科書で取り上げられている用語は出来るだけ取り上げることを目指しています。しかし大学入試では、教科書以外からも出題されている現実がありますので、実際の入試問題で出てきた例を踏まえて選択しました。また、教科書や入試では扱われていないけれども、ある大項目を理解する上で必要と思われる事項もとりあげています。授業では関係がない、あるいは触れていると時間が足りなくなる恐れのあるようなマニアックな用語はできるだけ扱わないようにしましたが、場合によっては必要以上に細かな情報になっているかもしれません。その辺はご利用される皆さんのご判断で読み飛ばしていただいて結構です。つまり、用語カード作成者の主観で用語を選択し、かつ記述に精粗があることをお断りしておきます。

引用書籍は

一般的な解説以外に、その用語の説明として分かりやすい文章や面白い話を、元の書籍から引用しています。引用にあたっては、正確を期していますが、もし誤った引用があれば直ちに訂正したいので、お気づきの箇所をメールでお知らせいただけると助かります。引用書籍は、概説書や文庫、新書に限定するようにして、実際に読んでみたい時に入手しやすくしました。またおせっかいですが、Amazon で書籍情報を知ることが出来るようにしてあります。なるべく標準的な書籍を選びましたが、作成者の主観が入っているので必ずしもベストとは言えないかも知れませんのでご容赦下さい。

現在も作成途上です

この用語集は、現在(2012年正月)のところ、まだ5分の1程度の出来ですが、2012年正月から仮運用と言うことで、カード公開を開始、順次追加していく予定です。またここのカード内容の追加、修正も日常的に行っています。さらに新しい情報があれば、随時、追加していきます。つまりオーソライズされた固定的な用語集(glossary)ではなく、本論の付録(appendix)として常に変化・増殖する情報カードであると言えます。

この用語集のご利用は

高校で世界史を教えている先生方のご利用を想定していますが、生徒の皆さんの学習の参考や、知識の確認、理解の支援にもなるのではないかと後悔した、いや公開した次第です。どうぞご自由にご利用下さい。エピソードや入試実例は、先生方の授業のちょっとしたネタ、生徒さんの学習のちょっとした豆知識にもなるかと思います。ただし、高校生の皆さん、あるいはこのページを覗いた大学生の皆さんは、あくまで「参考資料」としてお読み下さい。けして安易にレポートなどに使わないでください。記述の事実関係に誤りがあるかも知れませんので、もし二次利用される場合はご自分でより権威の高い書籍や資料で確認した上でお願いします。

ウ.使い方

用語リスト

用語リストページ(APPENDIX LIST)の項目をクリックするとそれぞれのカード内容が表示されます。リストは教科書章節別とアイウエオ順があります。左のメニューの章節別目次とアイウエオ順表から、それぞれにジャンプすることが出来ます。教科書章節別リストは、山川出版社刊『詳説世界史』に準拠し、その章節順、用語の出現順に並んでいます。

用語カード

ハイパーテキストになっていますので本文中のリンクで、他の用語カードにジャンプすることが出来ます。右上の Appendix list から、用語リスト画面に戻ります。左側のメニューで「印刷」をクリックすると印刷用の画面となり、印刷が可能です。また、「ノートの参照」ではその用語の出てくる世界史ノートを別ウィンドウで開きます。さらに、参考書籍の項目がある場合は、本文中に引用した書籍を紹介する Amazon のページに飛びます。
※現在作成途上にあるため、カード間のリンクはまだ不十分であったり、リンクが切れていたり間違っていたりしていると思います。ご容赦下さい。内容の誤り、リンクの誤りについてもメールでご一報いただけるとたいへん助かります。

カードの検索

カードの検索は本文中の用語リストページからグーグルのサイト内検索が出来ます。ご利用下さい。

印 刷
印刷画面へ
この節の小見出し
ア.はじめに
イ.ご利用にあたって
ウ.使い方
市販の用語集の紹介

山川出版社
『改訂版世界史B用語集』

実教出版
『四訂必携世界史用語』

三省堂
『詳解世界史用語事典』