印刷 | 通常画面に戻る |

ドヴァーラヴァティー王国

7~10世紀、タイに存在したモン人の建設した国家。

7世紀頃、現在のタイに現れた最初の国家であるが、タイ人が建てたのではなく、タイからビルマにかけて活動したモン人の建てた国と言われている。現在、チャオプラヤ川下流のアユタヤを中心に遺跡が発掘されている。チャオプラヤ川を利用して内陸部と南シナ海交易圏を結ぶ交易活動を行った港市国家であった。インド文化の影響を受け、仏教が保護され、仏像などが発掘されている。また、この時代の仏教寺院建築として残っているのが、プラパトム寺院である。7世紀には中国の文献に現れ、玄奘は「堕羅鉢底国」、義浄は「杜和鉢底国」として伝えている。9世紀頃には衰え、10世紀頃に滅亡した。

Episode 日本にやってきたドヴァーラヴァティ人

 奈良時代の文献『日本書紀』によると斉明天皇の時の西暦657年に、「覩貨邏国の男二人、女四人、筑紫に漂い泊まれり」という記事がある。これがドヴァーラヴァティ人であろうと言われている。おそらく中国への使節か交易に赴いたドヴァーラヴァティ人が嵐に流され、日本に漂着したのであろう。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章2節 イ.インド・中国文化の受容