印刷 | 通常画面に戻る |

中国の唐末から宋にかけて発展した手工業者の同業組合。

 中国の宋代の商工業の発達の中で生まれたは商人の同業組合であるが、それに対して作は手工業の同業組合であった。唐末から宋にかけて、手工業が発達し、社会的分業が進む中で形成された。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章2節 エ.宋代の社会