印刷 | 通常画面に戻る |

修正主義

19世紀末、ドイツ社会民主党の右派の漸進的改良をめざす路線。

1890年代に顕著になった、ドイツ社会民主党内における一つの潮流で、階級闘争による社会革命路線に対して、議会政治を通して漸進的な社会改良をはかる思想をさす。その代表的な論者がベルンシュタイン。以後、マルクス主義主流派からは、「修正主義」は「反革命」路線として否定的に見られていく。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第14章1節 エ.ドイツ