印刷 | 通常画面に戻る |

ヒンドゥ=スワラージ

『インドの自治』の意味で、1907年に発表されたガンディーの主著の署名。

 1907年、ガンディーが南アフリカに本拠をおいていた時期に、請願のためロンドンに渡った際に在英インド人民族主義者と討論し、その帰りの船中、わずか10日で書き上げた。母語であるグジャラート語で書き、初めは南アフリカで発表、1910年にボンベイで小冊子として刊行した。インドでかなりの関心を呼んだがすぐに発禁処分とされた。次に自ら英訳して『Indian Home Rule』(インドの自治)として出版、1924年にはアメリカでも出版された。ガンディーの提唱したサティヤーグラハ(非暴力・不服従)の運動の意味を自らの言葉で分かりやすく説明しており、その後のインド独立運動の指針とされた書物である。

『真の独立への道(ヒンド・スワラージ)』

 本書は若い読者と編集者(ガンディー)の対話形式で書かれている。そこでのガンディーの立場は、国民会議派の穏健派に近く、急進的な即時独立を暴力をもってでも実現すべきであるという若い読者の意見に反対して、今イギリスを追い出しても、イギリス抜きのイギリス統治を実現するだけだと述べている。ガンディーの主張は、表面的なイギリス統治の批判ではなく、近代文明そのものへの批判に向かっており、インドにとって真の文明とは物質的な繁栄を求めるのではなく個人が自らの精神を統御することにある、という。そのよりどころはヒンドゥー教やイスラーム教、ゾロアスター教などの宗教の違いを超えた真理にある。それこそが「インドの自治」(スワラージは自治の意味)であると説く。そしてインド人が協力しているからイギリスの支配が成り立っているとも述べ、後の非協力運動につながる運動を提唱した。そして運動の鍵としてサティヤーグラハという言葉を示し、その意義を説いた。<ガンディー『真の独立への道(ヒンド・スワラージ)』田中敏雄訳 2001 岩波文庫>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章3節 エ.インドでの民族運動の展開