印刷 | 通常画面に戻る |

映画

19世紀末に発明され、20世紀に盛行した大衆娯楽。

 映画の歴史は19世紀の末、アメリカのエディソンの「動く写真」を「のぞき絵」で見る「キネトスコープ」(1895年)と、フランスのリュミエル兄弟の「動く写真」を映写機を通してスクリーンに映す「シネマトグラフ」の発明という二つの源流がある。はじめは「岸にうちよせる波」や「工場から出てくる労働者」というような実写がほとんどで、もちろん無声で白黒だった。しかし無声であったことが演劇などと違い、かえって言葉の壁を越えて世界市場に広がる要因だった。初めはカフェなどの余興で上映されていたが、1908年にパリで専門の上映館が造られ、配給会社による制作と興業が企業化され、大衆の娯楽として急激に普及した。
 一方で映画を芸術として創造しようとする作家や、俳優を使って大規模な作品を造るようになった。第1次世界大戦は映画製作の中心をヨーロッパからアメリカに移した。アメリカではハリウッドがその中心地となった。1929年、アメリカのワーナーがトーキーを実用化した。トーキーは映画をさらに大衆化し、また制作会社を大企業にする必要があり、さらに国際的な言語の英語で造られるアメリカ、イギリス映画が隆盛することとなり、ヨーロッパ大陸諸国の映画、たとえばスウェーデン映画などは衰退した。
 1935年頃から色彩映画が登場、ますます制作に大資本を要するようになった。第二次世界大戦の前には、ナチスドイツ、イタリアのファシズム、ソ連などが国策としてプロパガンダ映画を多数作った。戦後の60年代までは映画の全盛期であったが、テレビやヴィデオの出現によって映画館は激減し、映画製作本数も減少したが、現在はSFXなどの技術を取り入れた映画の転換期に入っている。<飯島正『世界の映画』1951 などによる>
印 刷
印刷画面へ