印刷 | 通常画面に戻る |

ブラフマン

ウパニシャッド哲学での普遍的原理。梵。

ウパニシャッド哲学における普遍的原理であり、万物がそこから生まれ、最後にそこに帰る世界の根源を言う。漢字では「梵」の字を当てる。その真理を個我であるわたしは普遍的存在ブラフマンである(「我はブラフマンなり」)と表現する。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章1節 エ.都市国家の成長と新しい宗教の展開