印刷 | 通常画面に戻る |

竜山文化

中国の新石器時代後期にあたる文化。殷の青銅器文明に先立つ。

紀元前3000~2000年の、中国(黄河流域)の新石器文化の後期に属する代表的遺跡である竜山鎮の城子崖遺跡から竜山(ロンシャン)文化と名付けられた。1930~31年、中国人科学者の手によって発掘された最初の遺跡である。特徴は、黒色のつやのある薄手の土器で、ロクロを使って仕上げられている「黒陶」なので、黒陶文化ともいう。黄河中流域から下流域、山東半島、長江下流域にも拡大し、農業生産技術も進んだ。