印刷 | 通常画面に戻る |

新石器時代

磨製石器と土器を使用し農耕牧畜を開始した人類の文化段階。

 

旧石器時代に対して、新石器時代(ネオリシック)Neolithic は磨製石器土器を指標(メルクマール)としている。およそ1万年前の気象の変化に伴う自然環境の変化に適応した人類が、9000年前ぐらいから農耕・牧畜を行うようにことに対応した文化である。
 農耕・牧畜の開始による人間社会の変化は、人口の増加をもたらし、階級・国家を形成させ、文明の段階を生み出すという大きなものであった。そこで「農業革命」とか、「新石器革命」(20世紀のイギリスの考古学者チャイルド)という言い方もされる。

印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
序章 イ.文化から文明へ