印刷 | 通常画面に戻る |

斑固

後漢の歴史家。『漢書』を編纂した。 

前漢の歴史を編纂した『漢書』の編者。これ以後、中国では、次の王朝が前の王朝の歴史を書くというのが通例となり、それを「正史」という。『漢書』は正史の手本とされた。なお、班固の弟が、西域経営で知られる班超である。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章3節 ク.漢代の社会と文化