印刷 | 通常画面に戻る |

トルテカ文明

9世紀ごろメキシコ中央高原に、テオティワカン文明を滅ぼして成立した文明。

 7世紀以来のテオティワカン文明が衰えたのにかわって、9世紀頃メキシコ中央高原に成立した文明であり、中央アメリカの文明の総称であるメソアメリカ文明の一段階を形成している。ショチカルコ、テオテナンゴ、クウルワカンなどの城塞都市を各地に築いた。11世紀頃、北部からのチチメカ人の民族移動が始まり、トルテカ文明は破壊された。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
2章4節 イ.マヤ・アステカ文明とインカ文明