印刷 | 通常画面に戻る |

テオティワカン文明

メソアメリカ文明の一段階。メキシコ高原で繁栄した都市文明。

 前2世紀頃、メキシコ高原に成立したメソアメリカ文明の一段階の文明。「太陽のピラミッド」(山川・詳説世界史口絵参照)と「月のピラミッド」として知られる大石造建造物を残している。また農事を司る神々、多彩な彫刻やフレスコ画などの文化がみられる。同じころ、メキシコ各地にはユカタン半島のマヤ文明の他、いくつかの都市文明が形成された。メキシコ中央高原のテオティワカン文明は、7世紀頃から衰退。かわってこの文明を継承したトルテカ文明が栄えた。

巨大な宗教都市テオティワカン

 テオティワカンは海抜2200mのメキシコ市の北東50kmのところにあり、現在では遺跡として残されているだけであるが、紀元後350年~650年の間はおそらく20万人の人口を要する大都市であった。当時でいえばきわめて大きかったコンスタンティノープルを除けば、2万人以上の都市はなかったと考えられるから、その繁栄ぶりが理解できる。都市は太陽と月のピラミッドと南北に走る「死者の大通り」を基準として計画され、その建築は煉瓦(アドベ)で築いた傾斜した壁(タロー)と垂直の壁(タブレーロ)を交互に重ねる新しい様式で建造され、その表面を漆喰で覆って壁画が描かれた。太陽のピラミッドは高さ65m、底辺222 m×225 m、月のピラミッドは高さ47 m、底辺140 m×150 m、死者の大通りは長さ4 km、幅45 mに及ぶ。

Episode 太陽の伝説

 テオティワカンは西暦650~700年の間に、何ものかによって破壊された。「それとともに歴史は神話に転化した。伝説的な過去においてこの大都市をつくりだしたのは、もはや人間ではなく、巨人たちと神々自身であるとされたのである。こうしてこの巨大な廃墟の名称が生まれた。テオティワカンとは、神々の場所、つまり神々がつくりだされる場所という意味である。・・・伝説によるとテオティワカンを照らしていたのは「四番目の太陽」であった(それより前の三つの太陽はすでに消滅していた)。この太陽が死に、それとともに人類が絶滅すると、神々は自分たちをうやまってくれる者がいないことを嘆き、テオティワカンへ集まった。そして一柱の神が太陽に変わり、さらに一柱の神が月となった。いまでもわれわれを照らしているのは、この二柱の神であり、それらとともに歴史時代がはじまったのである。」後のアステカ王国の王も毎年この地に巡礼した。<メキシコ大学院大学『メキシコの歴史』1978 新潮選書 p.49> 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
2章4節 イ.マヤ・アステカ文明とインカ文明
書籍案内
メキシコ大学院大学『メキシコの歴史』1978 新潮選書

大垣貴志郎『物語メキシコの歴史』中公新書