印刷 | 通常画面に戻る |

藩鎮

唐の節度使の統治地域。節度使そのものも指すようになる。

唐の節度使が統治する地域の軍鎮を示す言葉だが、節度使そのものを意味するようになる。節度使は、自己の管轄下の数州の軍事、民政、財政の権力を握り、独立した地方政権となった。唐末から五代にかけて、多数の藩鎮が分立した。五代十国の建国者は多くこの藩鎮であった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章2節 エ.唐の動揺