印刷 | 通常画面に戻る |

両税法

780年、唐で租庸調制に代わって始まった税制。

780年、唐の宰相楊炎が皇帝の徳宗に建言して成立した、租庸調制に代わる唐の中期以降の税制。均田制(唐)の行き詰まり、節度使(藩鎮)の自立などによって税収入が減少したため、財政の回復をねらって施行した。
 1.主戸(土地所有者)・客戸(小作人)の別なく、現住地で課税する。
 2.資産額に応じて(丁男数を加味し)戸等を決め、戸税(貨幣納)を徴収する。
 3.別に耕地面積に応じて地税(穀物の現物納)を徴収。
 4.戸税と地税は、6月と11月の2期に分納(二期作、二毛作の普及に対応)。
 5.租庸調雑徭など従来の税目は廃止するが労役(無償労働)は残る。
ねらいは、当時本籍を離れて脱税を図っていた有産者にも課税しようとしたことにある。他に商人にも課税された。

両税法のもたらしたこと

 この両税法によって、荘園などの大土地所有と商業は公認されたこととなり、税制の大きな変わり目となった。両税法が施行されたことによって大土地所有者と小作農という唐中期から始まった農民層の分解がさらに進行した。宋代以降は佃戸と言われるようになる。

中国のその後の税制

 両税法はその後、土地税としての性格が強くなるが人頭税の要素も残り、宋代には貨幣納はなくなり現物納となるとともに雑多な雑税も加えられるようになる。両税法は基本的には約800年間続き、16世紀の明の一条鞭法の採用によって銀納に一本化され、清朝での地丁銀によって人頭税が廃止されて地税に一本化される。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章2節 エ.唐の動揺