印刷 | 通常画面に戻る |

省試

宋代の科挙の第2段階の試験。

 宋(北宋)科挙の制度において、都で行われる科挙の第2段階の試験。州試の翌年に実施される。明清時代は会試という。礼部の管轄下で、3日連続で行われた。合格者は最終試験である殿試を受験し、合格者は序列をつけられて「進士」=官吏候補生となる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章2節 ウ.宋の統治