印刷 | 通常画面に戻る |

科挙

中国の隋に始まり、唐で発展し、宋で変質しながら、清まで継承された官吏登用制度。

 中国では官吏選任は選挙といわれ、漢の武帝の時の郷挙里選で最初の整備が行われた。その後、三国時代の魏で九品中正制が始まったが、有効な人材登用には至らなかった。そこで隋の文帝は九品中正制を廃止して、学科試験による官吏登用制度を始めた。その制度がの時代に「科目による選挙」という意味で「科挙」と言われるようになった。しかし、実質的には文帝(楊堅)に始まるとしてよい。隋の文帝は、門閥貴族による高級官僚独占の弊害を改めるため九品中正制に代えて官吏登用制度を新たに整備した。実質的には唐で整備され、その試験内容として儒学の経典が課せられたために儒学・儒教は官吏の必須の教学となったため、知識層に深く浸透し、また詩文の能力も重視されたことから、漢詩の創作が競われることとなり、唐詩の最盛期をもたらした。その後、科挙制度はさらに整備され、宋では皇帝専制政治を支える官僚の登用法として完成した。その後の王朝で継承され、元では一時停止されたが明でも大規模に行われ、清朝末期の1905年に廃止されるまで続いた。科挙制はヨーロッパにも知られるようになると、フランスの啓蒙思想家ヴォルテールは、科挙のシステムを高く評価している。
 なお、科挙の受験資格は男性だけであったが、清末の太平天国では、1853年に一度だけ女性のための科挙(女科)が実施された。これはまったく例外的なものである。

隋の科挙制

 魏に始まる九品中正制は、地方の豪族層を貴族階級として固定化させ、門閥貴族を生み出した。中国を統一した隋の文帝は、世襲的な貴族の優先権を一切認めず、中央と地方の官僚を門閥にとらわれずに人材を登用することを目指し、試験による官吏登用制度を採用した。官吏登用は一般に「推挙された者を選抜する」意味で「選挙」と云われていたが、ここに初めて試験を導入したのが隋であった。「科挙」とは科目による選挙を略した言葉で、唐代に使われるようになるが、その始まりは隋の文帝の587年としてよい。ただ隋代では毎年の合格者は数名程度にすぎなかった。制度として完成するのは唐代を経て10世紀の宋代であり、元代に一時中止された時期を除き、各王朝で継承され、清朝の1904年を最後として、1905年に廃止が決定された。 <宮崎市定『科挙』1963 中公新書・中公文庫>

唐の科挙制

 唐は隋の科挙制度を継承したが、当初はそれほど重視されたわけではなく、また官僚もすべてが科挙で選ばれたわけではなかった。貴族(魏晋南北朝時代以来の門閥貴族)には蔭位の制があって、科挙を受けなくとも父親の官位で子どもが一定の高位につくことができ、そのような官僚を任子と言われていた。始めは任子が優勢で科挙で選ばれた進士はそれを補う形だった。このように唐の前半までは貴族(門閥貴族)社会であったといえる。

唐の科挙制の充実

 唐の中期頃まではこのような状況であったが、則天武后の政治では旧来の貴族が排除されて科挙合格者が重用されることがあり、一旦それは元に戻ったが、安史の乱後の唐朝後期には次第に科挙合格者の官僚が次第に力をつけるようになってきた。門閥派(任子出身者)と科挙派(科挙合格者)はそれぞれ党派をつくるようになった。特に科挙合格者は、試験官と合格者、あるいは同期合格者などの間で朋党を結成する傾向が強く、9世紀前半には皇帝をそっちのけにして両派の党争(門閥派の李徳裕と科挙派の牛僧孺の対立なので「牛李の争」という)が約40年にわたって続き、政治が混乱した<宮崎市定『大唐帝国-中国の中世-』 1968 中公文庫 p.392>

五代の貴族の没落と科挙の変質

 五代の争乱の中で荘園を失った貴族は没落し、宋の時代にはまったく没落して、皇帝独裁政治の確立と共にそれを支える士大夫(地主、知識人層)が科挙合格者として官僚層を形成することとなる。宋に殿試が加えられるなど、宋の科挙制度の整備によってそれが完成され、以後は元では一時停止されたが明で復活し、清朝まで官僚登用制度として継続、清末期の1905年に科挙は廃止されるまで続いた。

科挙の実際

 科挙を受けるものはまず、地方の国子監が管轄する国子学以下の国立学校で学ぶ必要があったが、まもなく国子学は有名無実化し、地方官の推薦を受けたもの(郷貢)が受験するようになった。科目には秀才科、明経科、進士科などがあった。秀才科は時事問題についての小論文、明経科は経書の解釈が問われ、進士科は詩賦(詩文)の能力を問われるものであった。明経科の経書の解釈にああっては、はじめは様々な解釈が行われていて基準がなかったため、太宗孔穎達に命じて『五経正義』を編纂させ、基準とした。三科の中ではじめは秀才科が重視されたが、次第に行われなくなり、その名は科挙試験受験資格者を意味するようになった。明経科と進士科が残ったが特に進士科が官吏の登竜門とされて人気があり、競争率は明経科が10倍程度、進士科は百倍と言われた。官吏は科挙の合格者から選ばれるのを原則としたが、高級官吏の子供には一定の官位に任官するという蔭位の制があり、有利であったので、完全な試験による人材登用制度とは言い切れない面もあった。科挙は厳密に言えば官吏資格試験であり、省試といわれる本試験の実施事務は尚書省の礼部が管轄(736年より)していた。実際に官吏になるためには吏部の行う吏部試によって任用されなければならなかった。
科挙の不正行為
科挙で不正行為に使われた
下着とその拡大図
2002年センターテスト世界史A

宋代の科挙制度の改変

 科挙が、誰でも受験でき(といってももちろん男性だけだが)、公平で客観的な官吏登用制度としての形態を整えたのは宋の時代であった。宋(北宋)の科挙制の特徴をまとめると次の4点である。<平田茂樹『科挙と官僚制』世界史リブレット9 p.10>
 1.それまでの諸科を廃止し、進士科に一本化したこと。(王安石の改革
 2.最終試験として殿試を設置(太祖趙匡胤のとき)し、州試(解試)→省試殿試の三段階選抜方式が完成したこと。
 3.試験内容が経義(経書の解釈)・詩賦(作詩)・論策(論文)の三分野となったこと。
 4.厳格な試験体制の整備(不正防止の徹底)がなされたこと。
この機会均等・実力主義に貫かれた科挙で選抜されて国家の上級官僚となったものは地位と名誉を得ることが出来たので、受験競争は激烈なものがあった。官僚身分は一代限りであったので、試験次第で家の没落、上昇が生じ、官僚層の固定化が避けられた。しかし科挙に合格するための教育費・受験費用は多額に上り、経済的に有利なもの(士大夫層)の子弟が合格する傾向が強かった。この宋で完成された科挙制は、元の時代の一時的な中断(元の科挙制度)をへて、明清時代には科挙の前に学校試が組み込まれるという改革(明清の科挙制度)があった程度でその基本システムは継承され、清末の1905年(科挙の廃止)まで続く。

Episode 五〇歳で進士なるのは若い方

 科挙に合格すること=進士なること、は「至難中の至難な業」と言われ、今度こそ、とがんばって試験勉強に明け暮れるうちに、歳月はいつとなく流れ去り、始めは紅顔の美少年であった者も、いつの間にか十年二十年と年月がたち、やがて五十、六十の老人になってしまう。唐代の諺(ことわざ)にすでに、「五十少進士」(五十歳で進士になるのは若い方)というのがあった。宋代には老年で進士となった人を「五十年前二十三」といって嘲笑した。「科挙」については、主として清代のことをとりあつかった本であるが、<宮崎市定『科挙』-中国の試験地獄- 1963 中公新書・中公文庫>がおもしろい。様々な不正受験(カンニングや替え玉受験など)の話などを知ることが出来る。

元の科挙 中止と復活

 モンゴル人の征服王朝である王朝ではモンゴル人第一主義がとられ、当初は科挙を実施しなかった。1276年の南宋の滅亡とともに中国の長い伝統であった科挙はいったん中断されることとなった。科挙が行われなくなったため、宋以来の士大夫(地主層出身で知識人として官僚となった人々)は没落した。なお元は次第に漢文化に傾斜していったため、仁宗のときの1313年に初めて科挙を実施、その後も何回かは実施されたた。しかし漢人で合格者(進士)となるものはごく少数であった。完全な科挙の復活は次の明代を待たなければならない。 → 元の文化

Episode 九儒十丐

 きゅうじゅじっかい、と読む。元王朝で科挙が中止されたため、儒者の地位が低くなったことを示す言葉。儒は儒者のこと、丐(かい)は乞食のことで、儒者は下から二番目の低いランクであるという意味である。なお、十段階のランクとは「官-吏-僧-道-医-工-匠-娼-儒-丐」というものであるが、官(上級職)と吏(一般官吏)は科挙が再開されてもモンゴル人や色目人が多かった。僧侶と道士の地位が比較的高いことも注目される。

明代の科挙制

 科挙は元代に一時停止されたが、元末の1315年に再開された。そのときには、南宋の朱子が大成した宋学(朱子学)の知識がおもに問われるようになり、四書の理解と暗記が必須となった。明代で継承された科挙でも朱子学が基準とされ、永楽帝はそのために、『四書大全』と『五経大全』を編纂させた。科挙(高級官僚試験)の最も重要な進士試験を最高成績で合格したものは翰林院の学士となり、皇帝の顧問として詔勅の起草などにあたる、もっとも名誉ある官職であった。翰林院学士は最も名誉ある役職とされた。唐・宋では主席合格者だけが選ばれたが、明の太祖洪武帝は二位、三位の者も翰林院に入れて充実させ、さらにその中から内閣大学士を選出した。
 なお、元・明・清の科挙では、地方での予備試験(唐の郷貢、宋の解試=州試)を郷試(その合格者が挙人)、都での礼部の試験(唐の貢挙、宋の省試)を会試(その合格者が進士)と言うようになった。

清朝の科挙

 清朝は満州人が支配権を握った征服王朝であるが、彼らは辮髪などの風俗を漢民族に強制したが、漢民族の制度や文化はそのまま利用した。科挙も前代につづいて盛んに行われ、儒学の素養が同様に尊ばれた。しかし、18世紀からポルトガル人など西欧の宣教師や商人がやってきて西洋文化を伝えるようになると、様々な文化衝突も起こり、儒学(その中の朱子学)の絶対性は次第に揺らいできた。清末に大反乱となった太平天国を率いた洪秀全は科挙の不合格者で、落第してからキリスト教の影響を受けて自らキリストの弟と称して一つの国家機構を作り上げた。その太平天国でも科挙が行われているが、中国史で初めて女性を受験者とする科挙が行われたことが注目される(定着はしなかった)。また清末に日清戦争に敗れ、列強による中国分割が進む中、科挙の会試のために上京していた康有為が皇帝に直接上書して改革を提言するという前代未聞のことが起こり、彼が登用されて戊戌の変法が始まった。そのなかでは科挙も設問も時代にあったものに改訂されるなどの手直しが行われた。しかし、戊戌の政変で康有為ら改革派が排除されたため、科挙の改革も頓挫した。

科挙とその廃止

 1900年に義和団事件が起こり、列強によって鎮圧された後、西欧文明への関心を高めた西太后らは、光緒新政でようやく立憲体制への転換を表明したが、その際、1904年を最後として、翌1905年に科挙の廃止に踏み切った。北京などに官吏養成のための学校が設立され、中央官吏への道は海外留学経験、特に日本への留学が重視されるようになり、日本への留学生が増加した。そのような若い知識人の中から、1915年に刊行された『新青年』を舞台として文学革命が始まり、胡適や魯迅などの白話文学とともに儒教批判が展開される。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
3章2節 ア.隋の統一と唐の隆盛
3章3節 ウ.宋の統治
7章1節 イ.明初の政治
書籍案内

宮崎市定『科挙』-中国の試験地獄- 1963 中公新書・中公文庫

村上哲見『科挙の話』試験制度と文人官僚 1980 講談社学術文庫

平田茂樹『科挙と官僚制』世界史リブレット9 1997 山川出版社