印刷 | 通常画面に戻る |

ターヒル朝

9世紀、イラン方面に生まれたイスラーム地方政権。

アッバース朝の成立に協力してイラン東北部のホラーサーン地方の総督(アミール)に任命されたイラン系のマワーリーの子孫であったターヒルが、821年にニシャープールを中心に作った地方政権。まだカリフへの貢納は続けており、完全な独立王朝ではなかった。まもなく873年に同じイラン系のサッファール朝に滅ぼされた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第5章1節 ウ.イスラーム帝国