印刷 | 通常画面に戻る |

外来の学問

イスラームの学術文化のうち、イスラムの外界であるギリシア・インドなどに起源のあるものをいう。

ギリシアインド、ペルシアなどアラビア以外から入ってきて、イスラーム文化に受容された学問分野をイスラームでは固有の学問に対して、外来の学問と言った。哲学・医学・天文学・幾何学・光学・地理学、などがそれにあたる。それらの学問を記述したギリシア語文献はバグダードの知恵の館でアラビア語に翻訳され、その研究から多くの学者が輩出した。
 やがて十字軍時代にヨーロッパに伝えられてスペインのトレドの翻訳学校などでラテン語に翻訳され、当時のキリスト教神学と結びついてスコラ哲学を成立させるなど、12世紀ルネサンスといわれる現象をもたらした。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第5章4節 ウ.学問と文化活動