印刷 | 通常画面に戻る |

ツンフト闘争

中世ヨーロッパの都市で商人ギルドと同職ギルドの抗争。

ツンフトとはもとは南西ドイツの同職ギルドをさす言葉だったが、次第に一般に同職ギルドを意味するようになった。13世紀ごろから、商人ギルドから別れた手工業者の同職ギルドが、その生産者としての利益を守るため、権力を握っていた商人ギルドと対立し、その権利を認めさせるための闘争を行った。それをツンフト闘争という。この闘争を通じて、職人層も市政に参画するようになる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章3節 エ.都市の自治