印刷 | 通常画面に戻る |

聊斎志異

清代の詳説で、蒲松齢の短編集。

りょうさいしい。清の小説で、『紅楼夢』や『儒林外史』の長編とは違い、短編集。作者は蒲松齢(ほしょうれい)で、彼も科挙に落第を続け、そのかたわら世間の奇談や怪談を集めて書きつづったもの。生前は認められず、死後に刊行されたが、その不思議な説話の世界が次第に人気を博し、庶民に広く読まれるようになった。また日本にも伝えられ、江戸時代の落語などにも影響を与えたという。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
7章2節 エ.清代の社会と文化