印刷 | 通常画面に戻る |

ラプラプ

1521年、スペインのマゼラン船団と戦ったフィリピンの首長。

フィリピンの一首長で、1521年、マゼランの率いるスペイン兵との戦いに勝ち、マゼランを殺した。現在でもフィリピンでは国民的英雄として名高い。フィリピンのセブ島に現れたマゼランは、大砲を撃ち放ちて威嚇した後に上陸し、首長フマボンに対し食糧の貢納とキリスト教への改宗などを要求した。恐れたフマボンは食糧を供給し、一族をあげて約500人がキリスト教の洗礼を受けた。さらに周辺の首長に対してセプ島首長への服従を迫った。ところがセブ島の対岸の小島マクタン島の首長ラプラプはその要求をはねのけ、「予が服従するのはわが同胞だけだ!」と言い放った。マゼランはマクタン島を砲撃したがラプラプは弾の届かないところに島民を避難させていた。島に近づいたが珊瑚礁のため海岸に近づけず、冷静さを失ったかマゼランはわずか49名の兵士を率いて海に飛び込み上陸した。待ちかまえたラプラプは周辺からの応援も得て約1500人で襲いかかった。マゼランは毒矢に右足を射られて歩けなくなったところを、ラプラプの振り下ろした杵の一撃で殺された。英雄ラプラプの像は現在、マクタン島の浜辺に建てられている。また合戦の様子は、現在でも毎年同じ4月27日のマクタン島の祭りで再現されているという。<本多勝一『マゼランが来た』1989 朝日新聞社刊 p.14-31>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
8章1節 イ.アメリカ大陸の征服
書籍案内
マゼランが来た
本多勝一
『マゼランが来た』
1989 朝日文庫