印刷 | 通常画面に戻る |

レキシントンの戦い

1775年のアメリカ独立戦争最初の本格的戦闘。

 1775年4月、アメリカ独立戦争の最初の戦闘。ボストン近郊のコンコードに貯蔵されていた植民地側の軍需物資を押収に向かったイギリス軍と、その知らせを受けてかけつけた植民地側民兵が途中のレキシントンで衝突した。最初の一発をどちらが発砲したかは、互いに相手方だったと主張し、いまだに不明である。ゲージ将軍率いる英国軍兵士数名が死亡。その後、英国軍はコンコードでの押収には成功したが、帰路再び植民地側の待ち伏せに会い、244名が死傷した。植民地民兵をミニットマンといい、その活躍の最初だった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
10章2節 イ.アメリカ合衆国の独立