印刷 | 通常画面に戻る |

ゴッホ

オランダ人。1880年代に活躍した後期印象派の画家。南仏アルルでの風景画、静物、人物画で強烈なタッチの作品を短期間に制作し、狂死した。

ゴッホ『自画像』
ゴッホ『自画像』1887
 Vincent van Goch 1853~1890 ゴッホは19世紀末の後期印象派の画家。オランダのブラバンド州で牧師の子として生まれ、画商や書店の店員、イギリスでのフランス語講師などさまざまな職業に就いた後、鉱山のキリスト教伝道師をへて1880年頃、画家になる決意をした。すでに27歳ぐらいになっていた。オランダ、ベルギー時代の作品は暗い陰鬱な色調で農民や織工を描いたものが多く、1886年にパリにやってきてから印象派を知り、日本の浮世絵の影響も受けて、激しい色彩表現をするようになる。1888年に南仏アルルに移り、ゴーガンとの共同生活にはいるが、精神に異常を来して「耳切事件」を起こし、1890年7月、カラスの群れ飛ぶオーヴェルの丘の上でピストル自殺を試み、数日後に世を去った。<高階秀爾『続名画を見る眼』 岩波新書 p.58-59 など>
 彼の生活は常に弟のテオが援助していたが、テオも兄の死の翌年、発狂し死んだ。『ゴッホの手紙』は弟テオに宛てた手紙を死後にまとめたもの。
作品:多くの『自画像』の他、『ひまわり』(1888年)、『アルルの寝室』(1889年)などの静物、『アルルの跳ね橋』、『糸杉』などの風景画など、代表作はほとんどアルル滞在中の数年間に集中している。右の絵は、ゴッホの自画像の一つ。『アルルの夜のカフェ』(1888)には内面の情感をキャンバスにぶつける、後の表現主義につながる作品となっている。

参考

 映画『炎の人ゴッホ』 1956年 アメリカ ヴィンセント・ミネリ監督。ゴッホをカーク・ダグラス、ゴーガンをアンソニー・クインが演じた。ゴッホは伝道師として悩み、恋に破れ、画家の道をめざす。しかし結婚も破綻。画商として成功していた弟を頼ってパリに出て、当時の印象派の洗礼を受け、ゴーガンらと知り合う。そしてアルルでのゴーガンとの共同生活が始まるが、その頃から狂気が頭をもたげ、耳切事件を起こしてゴーガンも去っていく。そして孤独のうちに狂気をつのらせていく・・・・。鮮烈な南仏の風景と、ゴッホの作品が明るい色彩で見ることできる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第12章4節 ア.ロマン主義と自然主義
DVD案内

『炎の人ゴッホ』
V・ミネリ監督
カーク・ダグラス主演