印刷 | 通常画面に戻る |

黒旗軍

客家出身の劉永福が組織した軍隊。清仏戦争の際、ベトナムでフランス軍をたびたび破った。

清朝末期に、劉永福は天地会に属し、太平天国の乱に加わり、乱後ベトナムに移って安南で農民軍を組織した。それを黒旗軍という。フランスの勢力がベトナムに及ぶと、ベトナム政府の要請によって、たびたびフランス軍と戦い、清仏戦争でもしばしば勝利した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章2節 ウ.東南アジアの植民地化