印刷 | 通常画面に戻る |

関東大震災

1923年9月、日本の関東地方を襲った大地震。死者10万。

 1923(大正12)年9月1日、東京・横浜など南関東一帯をおそったマグニチュード7.9の大地震。死者10万人、行方不明4万人という大災害となった。東京本所の陸軍被服廠跡地だけで4万人の焼死者が出た。このとき、戒厳令がしかれるなか、朝鮮人暴動のデマが流れ、住民が組織する自警団によって数千人の朝鮮人、数百人の中国人が殺害された。また亀戸署では平沢計七らの労働運動家が殺害され(亀戸事件)、無政府主義者大杉栄は内縁の妻伊藤野枝と甥と一緒に憲兵隊に捕らえられ、甘粕正彦大尉によって殺害された(甘粕事件)。関東大震災は日本経済に大きな打撃を与え、昭和恐慌につながる日本経済の破局の先触れとなった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章3節 ア.第一次世界大戦と東アジア