印刷 | 通常画面に戻る |

政党内閣(日本)

日本における政党内閣は大正デモクラシーといわれた時期の1918年の原敬政友会内閣から始まる。

 日本における本格的な政党内閣(議会の中で多数を占める政党が内閣を組織する議会制民主主義)は、米騒動のあとの1918年(大正7年)に成立した原敬を首班とする立憲政友会内閣である。その後、第一次世界大戦後の日本経済の成長に合わせて大正デモクラシーといわれる民主主義の成長に伴い、1924年加藤高明護憲三派連立内閣を経て、憲政会(立憲民政党)と立憲政友会の二大保守政党が交互に政権を担当する「政党政治」の時期を出現させた。しかし、関東大震災に始まる日本経済の状況悪化が進む中、次第に軍部の力が強まり、政党政治・議会政治を否定する動きが出てきて、1932(昭和7)年、五・一五事件で犬養毅内閣が倒されてからは軍人や官僚による議会を基盤としない内閣が続くことになる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章3節 ア.第一次世界大戦と東アジア