印刷 | 通常画面に戻る |

ペロン

第二次世界大戦後、アルゼンチンで独裁的な権力を握った軍人、政治家。1955年に失脚、73年に大統領に復帰したが翌年急死し、妻のイサベラ=ペロンが継承した。

 アルゼンチンの軍人出身の独裁政治家。アルゼンチンは第二次世界大戦の戦前期に、イギリス資本と結んだ農牧畜産品輸出業者に支持された寡頭政治が行われていたが、軍人の中にナチスドイツ式の国家社会主義に傾倒するものが現れ、1943年にクーデターで軍人政権を樹立した。ペロンも青年将校のひとりで政権に加わり、労働問題を担当しながら次第に台頭し、第二次世界大戦後の46年に労働者の圧倒的な支持で大統領に当選した。その人気を支えたのが夫人のエヴァ=ペロン(エビータ)だった。

ポピュリズム政権

 ペロン政権(1946~55年)はイギリス資本の鉄道の国有化など民族主義的な工場化政策を進め、経済発展に一定の成功を収めた。その政権は軍と労働組合を基盤に国民的な人気で維持される、いわゆるポピュリズムであり、その政治はペロニスモといわれ、熱狂的な支持者はペロニストと言われた。50年代にはいるとその労働者保護政策は財政を圧迫し、経済が悪化したために、55年にクーデターが起こってペロンはウルグアイに亡命した。ペロンの人気を支えていたエヴァ(エビータ)も52年に亡くなっていた。

女性大統領の誕生と挫折

 その後アルゼンチンでは軍政が続いたが、70年代になって再びペロン待望論が高まり、73年に大統領選に出馬し、勝利した。しかし翌年急死したため、夫人のイサベラ(エヴァではなく、ペロンの後妻)が大統領を継承した。イサベラ=ペロンは世界最初の女性大統領であり、国民的な人気のあったエヴァ=ペロンの再来として期待されたが、オイル=ショックによるインフレとなったこともあって政治は混乱し、76年三月に軍事クーデタによって政権を追われた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第16章3節 イ.ラテンアメリカ諸国とキューバ革命