印刷 | 通常画面に戻る |

洞穴絵画

新人が洞穴などに残した絵画。アルタミラとラスコーが有名。

 旧石器時代クロマニヨン人(新人)が活動していた範囲で広く洞穴絵画が残されている。代表的なものは、スペインのアルタミラ洞窟、フランスのラスコー洞窟などである。最近では1994年に発見された、南フランスのアルデーシュ川の渓谷の洞窟が96年にマスコミに取り上げられ有名になった。発見者の名をとってショーベ洞窟と呼ばれるようになったこの洞窟は炭素14年代の測定の結果、3万7千年前という古さで注目されている。
 明確な洞穴絵画が現れるのはクロマニヨン人の時代になってからであり、ネアンデルタール人には今のことろ見つかっていない。現生人類の「芸術」活動の始まりがクロマニヨン人の洞穴絵画であると考えられている。描かれているのは主にウマやシカ、バイソン(野牛)などの動物で狩猟技術の向上を示すと共に何らかの儀礼的、社会的な意味合いがあったものと考えられている。色には赤、黄色、茶がオーカー(ベンガラ)の濃淡で表され、炭や二酸化マンガンで黒、白陶土で白が彩色されて、複雑な技法が用いられている。
 なお、クロマニヨン人の残した美術では洞穴絵画だけでない、「ポータブル・アート」とも言われている、象牙やトナカイの角などを材料とした様々な彫刻や装身具が多数出土しており、「芸術の爆発」とも言えるほど表現が豊かになった。<海部陽介『人類がたどってきた道』2005 NHKブックス p.122-135>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
序章1節 ア.人類の進化