印刷 | 通常画面に戻る |

カナーン人

古代のパレスチナ地方に活動していた人びと。

 東地中海岸地方は、古くはカナーンといわれ、そこで活動していた人々もカナーン人と言われた。カナーン人が居住していたことから、現在のパレスチナをカナーンの地ともいう。またカナーン人ははじめて表音文字をつくり、それがフェニキア人に伝えられ、さらにギリシア・アルファベットとなった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章1節 オ.東地中海世界