印刷 | 通常画面に戻る |

フェニキア人

東地中海岸で海上貿易に活躍したセム語族の一つ。アルファベットのもととなったフェニキア文字をつくった。

 フェニキア人はセム語系であるが、単一の民族と言うより、東地中海岸の現在のレバノンのあたりを拠点に地中海方面に海上貿易に従事していた集団であった。古くは前15世紀頃に栄えたウガリットもフェニキア人つくった都市らしいが、これは前12世紀に「海の民」の攻撃によって滅ぼされたと考えられる。
 フェニキア人は南に移り、シドンティルスやベリュトス(現在のベイルート)などに都市を築き、地中海の貿易活動に進出するようになった。彼らの輸出品は特産であるレバノン杉といわれる杉材で、中東では森林が少なかったため、エジプトなどでも貴重な建築材としてフェニキア人の主要な交易品となった。レバノン杉は現在のレバノン国旗の図柄に描かれている。

植民市の建設

 さらに地中海各地に植民市を建設していった。ティルスを母市として北アフリカの現在のチュニジアに建設されたのがカルタゴ(前814年に建設したと伝えられる)である。他に、イベリア半島のカディス、バルセロナなどもフェニキア人が築いたとされている。

表音文字の考案

 彼らは活発な交易活動に便利なように、カナーン人から学んだ表音文字を発展させ、後のアルファベットのもとになる線状文字を作り出した。フェニキア人の作った表音文字は、それまでの楔形文字の字数が多数であったのに対し、わずか30文字で意味を表すことができるものだった。しかし子音を表すだけであったので、後にギリシア人が母音を加えて現在のようなアルファベットになった。

フェニキア人の興亡

 フェニキア人はアケメネス朝ペルシアの時代にはその保護を受けて地中海貿易で活躍したが、ギリシア人やローマが地中海貿易に進出してくるとの商業支配をめぐって抗争することになる。ペルシア戦争も、ギリシア人とフェニキア人の対立という一面がある。フェニキア人の国カルタゴは、前480年のサラミスの海戦と同じ年にシチリア島のギリシア人と戦い敗れている(ヒメラの戦い)。その後は西地中海のみがその勢力範囲となったが、前3世紀になるとローマと抗争することとなる。それがポエニ戦争(前264~前146年)であった。その戦いに敗れ、フェニキア人の国家は消滅する。

Episode フェニキア人の「ハンノの航海」

 航海術に巧みであったフェニキア人は、前600年頃にはエジプト王ネコの命令でフェニキア人がアフリカ海岸を探検、また前6世紀後半にはカルタゴ人がアイルランドに達したとされている。<『新編西洋史辞典』創元社 フェニキア人の項> さらに、カルタゴの提督で航海家のハンノは前500年頃、60隻の50櫂船を指揮して約3万人もの男女と共に「ヘラクレスの柱」と言われたジブラルタル海峡を越えて西アフリカに向かい、現在のカメルーンあたりに到達したという。この話を伝えるのはギリシア人の歴史家ポリビオスがフェニキア語で書かれたハンノの航海報告を写し取り、そのギリシア語訳が後世に伝えられたためであるが、登場する地名は現在のどこに当たるか推定困難なものが多く、この航海記の信憑性を認めない意見もある。<『世界史を読む事典』朝日新聞社 ハンノの航海、およびハンノの項>

出題 フェニキア人のアフリカ周航?

 2005年 歴史能力検定 世界史1級 正誤判定問題に次のようなものが出題された。
「フェニキア人は、現在のレバノンに位置するティルスなどの都市を中心に地中海貿易で活躍し、前9世紀に現在のチュニジアにカルタゴを建国し、さらにアフリカ大陸を初めて周航したといわれる。」
 山川出版社の同検定過去問題集によると、これは正しい文とされている。しかし、手持ちの資料ではフェニキア人が「アフリカ大陸を初めて周航したといわれる」ことは確認できなかった。「初めて周航したといわれる」のは上記の「ハンノの航海」のことをさすのだろうが、「アフリカ西岸に到達」ならポリビオスの記録が該当するけれども、「一周する」という意味の「周航」は大げさではないだろうか。「フェニキア人のアフリカ周航」という伝説がある、という意味ならば正しい。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章1節 オ.東地中海世界