印刷 | 通常画面に戻る |

ニネヴェ/ニネヴェの王立図書館

ティグリス川上流にあったアッシリア帝国の都。王立図書館が建設された。

 現在のイラク北部、ティグリス川の上流域にあったアッシリア帝国の都。前612年にアッシリア帝国が滅亡してから廃墟となり、長い間その位置は判らなかったが、1849年フランスの外交官ボッタが発掘に成功し、大量に出土した楔形文字から、帝国最後の王センナケリブ王の王宮であったことがわかった。遺跡からはアッシュール=バニパル王の建設したという王立図書館のあとと言われるところも見つかった。

Episode ニネヴェの王立図書館

 アッシリア帝国アッシュール=バニパル王が、首都ニネヴェに建設したもので、世界最古の図書館とされている。メソポタミアとエジプトを統合し、広く西アジアを支配したアッシリアは、帝国内の産業や経済を掌握するために、王立図書館と言っているが、図書館というより情報センターと言うことであろう。もちろんそれらの情報は、粘土板に楔形文字で書かれているものであった。1894年に発掘さした遺跡がその図書館跡とされており、2万5千枚(あるいは4万枚とも言う)の楔形文字が刻印された粘土板が見つかった。それらはすぐに大英博物館に送られ、アッシュール学の学者たちによって解読作業が行われた。そこから「アッシリア学」といわれる分野が発展している。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章1節 カ.古代オリエントの統一