印刷 | 通常画面に戻る |

アッシリア帝国の公用文字

楔形文字とアラム文字が併用された。

アッシリア帝国の書記像
アッシリア帝国の書記像
 アッシリア帝国での公的記録は、楔形文字で記されるアッカド語と、アラム文字(アルファベットに近い)で記されるアラム語で記録された。左の図のように、書記は二人一組になり、一人は粘土板をもってアッカド語を記し、もう一人は羊皮紙にアラム語を書いた。右の書記がもっているのが粘土板と楔形を押しつけるためのペンであり、左の書記のもっているのが羊皮紙と筆である。なお、書記になるのは宦官も多く、ここでは左側の書記が宦官である。この図は前8世紀の壁画の模写でルーブル博物館所蔵。<渡辺和子『世界の歴史』1 中央公論社 1998 p.355>

出題

2005年 東大 第3問 問2 問(2) 文字の種類や書体と、書写の道具や材料との間には密接な関係がある。図版A(右掲)は紀元前8世紀のアッシリアの壁画に描かれた書記の図で、おのおのの左手に粘土(a)とパピルス(b)を持ち、2つの公用語で記録をとっている。それぞれの材料に記されてた文字の名称を答えなさい。

解答

解説

印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章1節 カ.古代オリエントの統一