印刷 | 通常画面に戻る |

ローリンソン

19世紀、古代オリエントの楔形文字の解読に成功したイギリス人。

 楔形文字の解説に成功したイギリス軍人。1835年から2年間にわたって、イギリスのイラン(カージャール朝)に対する軍事使節団(当時イギリスはロシアの南下政策を警戒してイランに圧力をかけていた)ローリンソンは、ベヒストゥーン碑文の楔形文字を書き写し、そこで採集した文字を研究して、1847年にその成果を発表した。それは、ドイツ人のグローテフェントの解読を一歩進め、文字の解読のみならず、文法の解明まで成功した。その成果は1961~64年の「西アジア楔形文書集成」で集大成した。

Episode ローリンソンとベヒストゥーン碑文

 イランのザクロス山脈中のベヒストゥーンの絶壁に、巨大なレリーフ像と多くの楔形文字が彫られていることは早くから知られていた。その解読に挑戦したのが、イギリスの青年士官ヘンリー=クレスウィック=ローリンソンであった。彼は1835年から2年間、けわしい絶壁に何度もよじ登り、そこにほられた文字を書き写した。さらに研究を続け、1847年に解読に成功した。その結果、この巨大なレリーフと碑文は、ペルシア帝国のダレイオス1世の戦勝を記念するものであることが判明した。<J.ボッテロ『メソポタミア文明』知の再発見叢書 創元社>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章1節 カ.古代オリエントの統一