印刷 | 通常画面に戻る |

ダレイオス1世

前6~5世紀、オリエント全域を支配したアケメネス朝ペルシア全盛期の支配者。前500年にギリシア遠征(ペルシア戦争)を開始した。

 アケメネス朝ペルシア帝国の全盛期の王。在位522~486年。ダレイオス大王、ダリウス大王ともいう。ヘロドトスの『歴史』によると、彼はアケメネス家の傍系のヒュスタスペス(ゾロアスターを保護し、入信したという伝承がある)の子であったが、初代キュロス2世の娘と結婚、第2代カンビュセス2世のエジプト遠征に従って功績を挙げた。カンビュセス王の死後に反乱が起こると、彼がそれを鎮圧して第3代の王位に就いたという。 → イラン人  ペルシア

ダレイオス1世の中央集権国家建設

 ダレイオス1世は権力を握ると、法による支配を目指し、新都ペルセポリスの建設を開始し、国内を20の州に分けて中央からサトラップを派遣し、道路(王の道)や港湾を建設、さらにダリークという貨幣を鋳造し、度量衡を統一しペルシア帝国の繁栄の基礎を築いた。帝国の領土を、中央アジア・インド方面に広げ、さらに西進して小アジアを超え、ギリシア北方のマケドニアに進出した。さらにギリシア本土の征服をめざしたが、ギリシア側の抵抗にあって苦戦し、次のクセルクセス1世に遠征の事業は引き継がれたが、結局失敗した。それがペルシア戦争である。イランのベヒストゥーンからは彼の業績を記念した碑文が発見され、その楔形文字がローリンソンによって解読され、その事跡も明らかになっている。
ダレイオス1世の墓所
ダレイオス1世の墓所(ナクシェ・ルスタム)

ダレイオス1世の墓

 ダレイオス1世はペルセポリスの近く、ナクシェ・ルスタムの山腹に墓所を造り、その後三代にわたって造営された。墓の入口には王自身が三段からなる檀の上に立ち、右手を挙げ、祈っている姿が描かれ、彼に向かいあって高い台の上で燃え輝いている火があり、王の像と火を載せている広い壇は三十人の人に支えられている。これらの人々はそこに彫られた名から、ペルシア帝国を形成する30の民族を代表していることが分かる。壇上の両側には三人ずつ縦に六人が並んでいる。彼らはいずれも左手を口をおおうように上げて袖で隠す儀礼的仕草をしており、ダレイオス1世の即位を助けた6人のペルシア人貴族を表している。それはまたアフラ=マズダを助ける六柱の霊神(アムシャ・スプンタ)に対応している。ダレイオス1世はこのように自らをアフラ=マズダの地上での代理人と支配していることを宣言しており、ゾロアスター教を信奉していたことがわかる。<メアリー=ボイス/山本由美子訳『ゾロアスター教』2010 講談社学術文庫 p.125>