印刷 | 通常画面に戻る |

プラティシュターナ

デカン高原のサータヴァーハナ朝(アーンドラ朝)の都。

デカン高原にあったサータヴァーハナ朝の都で、現在のパイタン。ゴータヴァリー川の上流にあり、古代には交通の要衝であった。この近くに、アジャンター石窟寺院エローラ石窟寺院があり、グプタ朝様式を中心とした文化が繁栄した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章1節 カ.クシャーナ朝とサータヴァーハナ朝