印刷 | 通常画面に戻る |

アジャンター石窟寺院

デカン高原にある石窟寺院。グプタ朝時代の純インド的なグプタ様式の美術の代表的な壁画や彫刻が豊富である。

グプタ朝時代の仏教美術

 紀元前1世紀頃から紀元後7世紀頃までの数百年にわたる仏教寺院の遺跡であるが、中心はグプタ朝時代の彫刻と壁画である。インドの中央、マハラーシュトラ州のデカン高原西側の山中の峡谷に面した断崖の中腹に、29の石窟がつくられている。 → その位置
 実際に掘削にあたったのは、グプタ朝と縁戚関係にあったヴァーカータカ朝のもとでのことであったが、彫刻も壁画もガンダーラに見られたヘレニズム(ギリシア)の影響は見られず、純粋にインド的であり、グプタ様式の特徴をよく伝えている。
 特にアジャンターの壁画は、純インド的な仏教美術の完成された団塊の者で、遠く日本の飛鳥時代の法隆寺金堂の壁画にその影響を見ることができる。
 → 仏像

世界遺産

 アジャンターの石窟寺院は、1819、イギリス人の軍人が偶然発見した。虎狩りに出かけて虎に襲われ、渓谷に逃げこんだときに駆けに無数の穴が開いていることに気づき、逃げこんだところ壁画や仏像を見つけた。すでにインドではその存在は忘れされ、コウモリのすみかになっていたが、調査の結果、現在では前1世紀のサータヴァーハナ朝に始まり、4世紀ごろのグプタ朝時代にその従属国家であったヴァーカータカ朝のもとで掘削され、6世紀中頃まで続き、何らかの事情で開削が終わり、仏教の衰退と共に忘れ去られたらしい。
 洞窟内の壁画や仏像は、いずれも純インド的なグプタ様式の傑作である。ここから約70kmほど南にあるエローラ石窟寺院は、これより遅く、8世紀を中心とした仏教およびヒンドゥー教、さらにジャイナ教の要素も含む石窟寺院である。この二ヶ所ともインドの代表的な文化遺産であり、1983年に世界遺産に登録された。
アジャンター石窟外観

アジャンター石窟寺院の外観

アジャンター石窟寺院の内部

アジャンター石窟寺院の内部

トリップアドバイザー提供

・ユネスコ 世界遺産リスト アジャンター石窟寺院
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
2章1節 キ.インド古典文化の黄金期