印刷 | 通常画面に戻る |

シヴァ神

ヒンドゥー教での最高神の一つで破壊の神。

ヒンドゥー教の最高神である三大神の一つで、破壊の神とされる。シヴァ神の破壊とは、次の創造を生み出すための破壊であり、シヴァ神は「破壊と創造の神」ととらえることもできる。シヴァは怒りの形相をし、家畜としての人間を支配するパシュパティとされる。シヴァはまたナタラージャ(舞踏王)ともよばれ、12世紀にはさかんに踊るシヴァ神の像が造られる。
 シヴァ神の原型は、インダス文明の印章やテラコッタなどに見られることから、アーリヤ人のインダス地方への侵入以前に原住民の間で信仰されていた神々の一つであり、それが『リグ=ヴェーダ』の神と同化して、ヒンドゥー教の主神の一つに祀られるようになったと考えられている。『リグ=ヴェーダ』の暴風の神ルドラが土着のリンガ(男根)崇拝と結びついたことで、怒りと吉祥(シヴァという語は「幸福な」「繁栄する」の意)の神として、民衆の幅広い崇拝を集めるようになった。<森本達雄『ヒンドゥー教-インドの聖と俗』中公新書 2003 p.108>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章1節 キ.インド古典文化の黄金期