印刷 | 通常画面に戻る |

ブラフマー神

ヒンドゥー教での最高神の一つで宇宙創造の神。

ヒンドゥー教の最高神である三大神の一つで、宇宙の創造の神、という。ウパニシャッド哲学の最高原理であるブラフマンを神格化したものと考えられる。漢字では梵天の字をあてる。この神は、シヴァ神ヴィシュヌ神の二神がインド大衆の信仰を集めたのに対して、信仰の対象とはならなかった。それは現世での幸福とか悪魔を懲らしめるとかという働きが無く、専ら観念的、抽象的、哲学的な宇宙の存在に関する神であったからである。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章1節 キ.インド古典文化の黄金期