印刷 | 通常画面に戻る |

長江文明

古代文明の一つ。長江流域の文明。現在は中国文明に包含させる。

従来、中国の文明は「黄河文明」と言われ、黄河流域に起こった、とされてきた。しかし、現在では、長江(チャンチアン)下流域にも独自の農耕文明が存在していたことが判明している。そこで黄河文明という用語は使用せず、「中国文明」または「河江文明」(河は黄河、江は長江を表す)という言い方が一般的になってきている。この長江流域の文化では、前5000~3300年頃の稲作農業の遺跡として知られる河姆渡遺跡などである。最近では稲作農業の起源を長江下流に求める説も出されている。なお、長江文明には、前3300年~前2200年頃の浙江省を中心とした新石器段階の良渚文化、上流の四川地方に独自の発展をした青銅器文明である三星堆文化が最近注目を集めている。