印刷 | 通常画面に戻る |

黄河文明

古代文明の一つ。黄河流域の文明。現在は中国文明に包含させる。

紀元前6000年頃から、黄河の流域の黄土地帯雑穀を中心とした農業生産が始まったことが仰韶文化の発見などから明らかになった。この中国の新石器時代の文化は彩文土器(彩陶)を持ち、磨製石器を使用する前期新石器文化である。次いで前3000年代になると、黄河下流に黒陶を標識とする竜山文化が後期新石器文化として出現し、やがて青銅器文明の殷王朝が黄河中流に現れる。

最近は中国文明に含めている

黄河流域に発生した新石器文化とそれを継承した都市文明は、総称して黄河文明と言われ、四大文明の一つとされてきたが、最近ではほぼ同じ時期に長江流域でも新石器文化が認められるので、黄河・長江文明(河江文明)、または「中国文明」ととらえることが一般的になっている。