印刷 | 通常画面に戻る |

長江

中国最長の河川。中流と下流で農耕文明が発展。黄河流域の畑作に対し稲作農業が発展、ともに中国文明を生み出した。

 長江は、全長6380km、中国最長の川。チャンチアン。中国で「」といえば黄河を、「」といえば長江を指す。かつては揚子江(ヤンツーチアン)と言われたがそれは下流の名称なので、川すべてを指すときは使わない。チベット高原に源を発して東流し、四川盆地を通り、中下流の大平原を経て東シナ海に注ぐ。特に下流一帯を江南という。現在も長江流域には、上流の四川地方の重慶、中流域の武漢・漢口、下流域の南京・杭州・上海など大都市があり、人口の集中地域となっている。

長江文明

 20世紀後半になって、長江流域のを中心とした農耕遺跡(河姆渡遺跡)や高度な青銅器文明(三星堆遺跡など)の存在が明らかになってきた。下流地帯は早くから穀倉地帯として中国最大の生産力をもっていたので、華北に成立した秦・漢帝国も江南の支配には大事な意味があった。
 かつてはこの長江流域の文明を長江文明と称し、黄河文明と対比させて説明されていたが、現在はこの両地域を総合的にとらえて、中国文明とする場合が多くなっている。

江南の開発が進む

 長江の中流から下流一帯は江南といわれ、魏晋南北朝時代から開発が始まった。特に南北朝時代に、漢民族の王朝が長江下流の建康(後の南京)に続き、漢民族による開発が進み、生産力が向上した。隋の煬帝が大運河を築いたのも江南地方の物資を抑えるためであった。

長江下流域の繁栄

 唐及び宋の時代、さらに12世紀の南宋時代に特に江南の開発が著しく進み、中国の経済を支えるようになった。この地にひろがるデルタ地帯一帯の江蘇省と浙江省にまたがる地域をあわせて江浙、または江蘇省の中心都市蘇州、浙江省の中心都市湖州の一字ずつをとって蘇湖ともいう。特に宋代には開発が進み、生産力が上がって「江浙(蘇湖)熟すれば天下足る」と言われた。14世紀に成立した明は中国の歴史上、江南地方から起こった最初の統一王朝であった。

長江中流域

 ところが明代の15、6世紀頃からこの地方は綿織物・絹織物の生産が増え、農民も現金収入の道である綿花や桑の栽培に転じたため、穀物生産は減少した。その結果、明代には穀物生産の中心地は長江中流の湖広地方に移り、「湖広熟すれば天下足る」と言われるようになる。