印刷 | 通常画面に戻る |

農家

諸子百家の一つで、農業を基盤とした社会の運用を説く。

古代中国の戦国時代に活躍した諸子百家の一つ。許行という人が説いたことで、農業の重要性を三皇の一人神農の教えであると説く。等しく農業に従事すること、物価を均等にすることなど平等社会を主張したが大きな思想集団とはならなかった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章3節 オ.社会変動と新思想