印刷 | 通常画面に戻る |

トマト

アメリカ大陸原産の栽培植物。

 トマトはナス科の植物で、ジャガイモなどと同じ南米のアンデス高地が原産。アンデス高地からメキシコ高原に伝えられてアステカ族の栽培作物となった。現代は世界中に広がっているが、アメリカ大陸原産の農作物の一つで、コロンブスの新大陸発見の結果、ヨーロッパにもたらされた。始めは食用ではなく、赤い実を鑑賞する植物とされ、やがて薬用とされるようになった。17世紀以降、温暖で露地栽培が可能なイタリアで本格的に栽培されるようになり、シチリア島のその最大の産地となった。18世紀の初めにはナポリでパスタと組み合わせて食べられるようになた。パスタやピザにトマトが用いられるのが一般化するのは19世紀中ごろのことである。アメリカにはイタリア移民がトマトの食文化を移植した。1876年にハインツがトマト・ケチャップを売り出し食材として広がった。アメリカ原産のトマトが、300年あまりを隔て、違った料理法として戻ってきたわけである。<宮崎正勝『モノの世界史』2002 原書房 p.165-168>