印刷 | 通常画面に戻る |

ネアポリス

ギリシア人の植民都市で、現在のナポリの起源。地中海交易で繁栄し、様々な勢力による支配が後退した後、ノルマン系のシチリア王国から1282年に分離してナポリ王国となる。

 現在のイタリアのナポリ。前5世紀にギリシア人のポリスのひとつクマエを母市とした植民市として建設された。南イタリア・シチリア一帯にはネアポリスの他に、スパルタによるタレントゥム(現在のターラント)、コリントによるシチリア島のシラクサなど、多くのギリシア人植民都市が建設され、それらを合わせてマグナ=グラエキア(大ギリシアの意味)といわれた。  ギリシア人は植民活動と共に地中海における交易活動を盛んに行い、ネアポリスはその中の重要な都市国家として発展した。しかし、イタリア中部の都市国家ローマが急速に発展し、その支配が南イタリアに及ぶと独立性を失い、ローマに従属した。

ナポリ王国へ

 ローマ時代も南イタリアの重要な港として繁栄が続いたが、ローマ帝国の衰退後は、東ゴート王国、ビザンツ帝国と支配者が代わった。755年頃、ビザンツ帝国からナポリ公国として自立したが、そのころからイスラーム教徒の侵攻が激しくなり、しばしばその支配を受けた。12世紀にはノルマン人が進出、イスラーム勢力を追い、シチリア島とともに両シチリア王国としてこの地を支配するノルマン朝が成立した。その後も、南イタリアはローマ教皇、神聖ローマ皇帝、フランス、スペインなどの抗争の場となり、様々な政権が交替、1282年以降はナポリ王国が成立してその都となった。その後も1443年にはスペインのアラゴン王国に併合されたが、スペイン・フランスのこの地をめぐる争いは続いた。1806年にはナポレオンが征服し、その兄ジョゼフをナポリ王とした。1816年、再び両シチリア王国となってナポリ王国は消滅した。イタリア統一運動(リソルジメント)の動きの中で1860年、ガルバルディがこの地を征服、サルデーニャ王に献上したため、イタリア統一はほぼ達成された。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章2節 ウ.ポリスの成立と発展