印刷 | 通常画面に戻る |

モチカ文化

アンデス文明でチャビン文化期に続いて現れる文化段階。

モチーカ文化とも言う。チャビン文化に続く紀元後100年頃から500年頃まで、ペルーの北部海岸地方に生まれた、いわゆるアンデス文明の開花期の地域文化の一つ。トウモロコシ栽培や漁業を行い、日干し煉瓦(アドベ)を積み上げた巨大なピラミッド型の神殿(ワカ)を建設した。また、織布、土器、金属器の製造など高度な技術を持ち、脳外科手術なども行っていた。農業では海岸近くの島々に堆積した鳥糞(グウアノ)を肥料として利用していた。この文化は500年頃に忽然と姿を消し、変わってアンデス高地に始まっていたティアワナコ文化がアンデス全域に広がることになる。<泉靖一『インカ帝国』1959 岩波新書 p.54-63>