印刷 | 通常画面に戻る |

慶州

朝鮮の三国時代、新羅の都。統一新羅の都としても栄え、新羅王墓などの古墳が多く、また仏教文化が栄え、仏国寺や石窟庵がある。

 韓国の読みではキョンジュ。三国時代および統一時代の新羅の都。新羅では王城として金城と言われた。新羅の仏教文化が開花したところとして有名で、石造の多宝塔で有名な仏国寺や、石仏で有名な石窟庵などがあり、市内には新羅時代の王墓が見られ、文化財の宝庫である。