印刷 | 通常画面に戻る |

新羅

朝鮮の三国時代、半島の東南部を支配。7世紀に有力となり、唐と結んで668年に高句麗を滅ぼして半島を統一。唐から律令制などを学び、仏教文化が開花した。935年に高麗によって滅ぼされた。

 「しらぎ」とよむが本来は「シンラ」。356年に、朝鮮の三韓の一つ辰韓の地の12余国を、その一つの斯盧国が統一して、新羅が成立した。都は現在の慶州で、新羅では金城と称した。4~7世紀はじめまでの三国時代には、高句麗百済と争い、次第に強大となった。562年には半島南端の加羅の地を倭人(倭国)から奪い、次第に力を強めていった。

新羅の半島統一

 三国時代の新羅は、7世紀に朝鮮半島を統一した。新羅はと結んで660年に百済を滅ぼし、663年には救援に出動した大和政権の水軍を白村江の戦いで破り、日本の介入を排除した。さらに668年には高句麗を滅ぼし、半島統一に成功した。当初は唐の援助を受けていたが、676年には唐の勢力を排除して自立した。

新羅の社会と文化

 新羅は国家体制として唐の律令制度を導入し、都の慶州を中心に、中央集権制をしいた。また、骨品制という独自の身分制度を持っていた。歴代の王は篤く仏教を信仰し、とくに都慶州とその周辺には仏国寺石窟庵など、多くの寺院が建設して、8世紀の朝鮮の仏教の最盛期を出現させた。
新羅と日本  新羅が統一して半島情勢が安定すると、日本の奈良朝政府は675年から遣新羅使を派遣し、新羅からの使節も日本に来て両国は密接な外交関係をもっていた。新羅が強大となるに従い、両国関係は悪化した時期もあるが、遣新羅使は779年まで、日本への新羅使は840年まで続いた。

新羅の滅亡

 9世紀にはいると唐の衰退に従って新羅も衰退し、各地に地方政権が現れ、910年にはその一人の王建高麗を建国し、935年に新羅は高麗軍に攻められて滅ぼされた。その翌年、高麗は百済などの残存勢力を平定して朝鮮半島を統一した。