印刷 | 通常画面に戻る |

明経科

唐の科挙で科目の一つ。

めいけいか。科挙の科目の一つで、経書の解釈を主として出題される科目。唐では秀才科が廃止されてから、明経科と進士科の二科が受験者が多かったが、次第に進士科に押され、やがて科挙と言えば進士科のみを指すこととなる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章2節 イ.唐の制度と文化