印刷 | 通常画面に戻る |

閻立本

唐代の政治家、画家で人物画に優れていた。

えんりっぽん。初唐(太宗の時代)の画家。宰相でもあった。中国の伝統的な画法を継承した人物画に優れ、『歴代帝王図巻』を作った。現在、アメリカのボストン美術館に所蔵されているが、残念ながら後代の模作である。 → その作例 司馬炎(晋の武帝)
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章2節 イ.唐の制度と文化