印刷 | 通常画面に戻る |

李思訓

唐代の山水画の作者。

りしくん。7世紀後半の初唐の人。李という姓からわかるように、唐王朝の皇族。山水画に優れていた。李思訓の画風は宮廷の画院の職業的画工に継承され、宋代には院体画(院画)と言われるようになり、後の北宗画の源流とされる。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章2節 イ.唐の制度と文化